私たちが事業を始めた時、すべては輸入に頼るしかありませんでした。
それが、日本におけるガロンボトルビジネスの拡大につれて、国産化が当然という状況へと変貌を遂げました。
安定した商品の供給と品質の向上は、需要の増大に裏打ちされた命題なのです。
Top 洗浄充填機 サプライ サーバー ノウハウ 会社概要 ビジネス最前線 お問い合わせ

3ガロンボトル 5リットルボトル
国産3ガロンボトルの普及が加速してきました。アメリカからの輸入に頼っていた時期は5ガロンが中心でしたが、日本人に適した大きさとして3ガロンが主体となってきました。弊社でも型を起こしてオリジナルボトルを作りましたが、どなたでも使える汎用性のある商品として開発をしました。ボトルは牛乳瓶のように繰り返し使用しますから、壊れにくく、洗いやすく、飽きのこないデザインであることが重要です。 3ガロンに続き、5リットルオリジナルボトルを作りました。ボトルの高さは3ガロンと
同一なので、同じ洗浄充填機での製造が容易にできます。また、3ガロン2本が入るダンボールに4本が入るなど、ボトルの併用がスムースに行えます。
一番の売りは、5リットルボトルならば「必ずしもサーバーを必要としない」という点で、今後の「ご家庭用ミネラルウォーター」のニーズに対応させていくという狙いがあります。容器ゴミを出さない配達回収システムの優位性を、一度サーバーの足かせから外したいという思いで作り上げました。

キャップ オリジナルラック
ボトルの国産化に伴い、キャップの国産化も始まりました。これに関しては今のところ型代を消化するという必要性から、韓国から輸入するものより多少割高ですが今の勢いを持ってすれば、いずれ早い時期に同程度の価格に収まっていくことが期待できます。 3ガロンボトルはミネラルウォーターを入れると12kgと重いものですが、それを1日に何百本と扱うことになります。ですから、ちょっとスマートに見えるこの商売も、実はかなりの体力を要する力仕事です。弊社では、それを少しでも軽減させるために、オリジナルボトルラックを製作しました。アメリカ式のボトル横置きタイプのラックではなく、製造したボトルをローラーで移動させ、直接収められるようボトル縦置き式のラックです。横置きのものはボトルを持ち上げないとラックに収められませんが、縦置きであれば手で押すだけでボトルをラックに収めることができます。


Copyright(C) 2006 EA,Inc.